スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「キュベレーアフェクション」マザーズ・エンブレイス

 花子の次は種子でしょう。ということで。
 ジュビジーのマーチの主要武装・キュベレーアフェクションです。

>>BADMANさん
 失礼なんてとんでもない! 見て&コメントをくださってありがとうございます~!
 各デザイナーさんのデザインを生かし、モチーフを重視して改造したいというのがやはりあります。モチーフを有し、ただのメカ娘じゃない懐の広さが神姫の魅力であると信じています。

irodori.jpg


 彩組の三人娘。
 たんたんたねこー♪

 「芽生えた種」型MMSジュビジーのマーチ。
 「2037の彩」の主人公神姫です。種型ジュビジーであるマーチが、専用キュベレーアフェクション「マザーズエンブレイス」を装備した姿。
 重量はバカ重く機動力激減。キュベレーが持つ特殊攻撃力は皆無となり。運用性は徹底的に低下しているという設定ですw

 その途中経過。
 では、どうぞ。

tane00.jpg


 花種!(挨拶)
 まだコレは軸だけって感じです。もうちょっと装飾を入れてあげたいですねー。

*キュベレーアフェクション「マザーズエンブレイス」
 母の抱擁という意味を持つ、マーチのアフェクションシステム。
 各パーツの攻撃力を奪い、強度を上げる代わりに重量が相当増加しているキュベレーパーツを保持する、これまた重い「核」。
 元はQAのテスト時、ゼリスが試験していた物。
 「マザー」は「製品」としての武装ではなく、単なる「防御特化型神姫」としてのテストモデルウェポンであったので、攻撃やら機動やらを一切度外視している。つまり、キャパシティのすべてのディフェンスに割り振った武装である。当然、キュベレーパーツでの攻撃なんて出来ない。

 マーチは機動戦では目を回し、攻撃はド下手。アフェクションで攻撃しようもんならバランス失ってひっくりかえるのがオチだったので。これを喜んで受け取る事に。
 とにかく固くて硬くて堅い。徹底的に堅いが、前述のとおりにとことん重い。一般的なキュベレーのようにふわふわしていない。ガチガチ。
 バランサーの限界を超えており、馬鹿力で背負っている。ちなみに足音は「がしょがしょがしょん」。攻撃に転じるとか考えるまでもなく、防御のみ。超鈍足。

 主人公的、という部分が無いですね。見事に。

tane05.jpg


 中央部分はプラ材の組みを軸にパテでスクラッチ。アーム部分は浅井氏のトコのボールジョイントを元にして、ジャンクとプラ積層から自作。先端は筒状のクリックジョイントを繋いで、神姫共通ジョイントを追加し、そこからアフェクション基部を繋いでいます。

tane02.jpg


 動きます。それこそゴリゴリと。全方向防御を目的としてw
 中央部の丁度首の後ろにジュエルがあります。
 第4弾こそ、こういう宝石とか、女の子らしい小物が似合うと思うのです(・∀・)

tane03.jpg


 ジュビジーの武装も服飾的でステキですねぇ♪
 中央部はシェルスカート軸部と接続。アーム根元ボールジョイント。先端回転式クリックジョイント。そしてアフェクション軸部がスイングジョイント360度。全方向に盾を持って行けます。

 まだまだ先は長いですが、こんな感じです。
 以上、ノーマルモードでした。次に、第4弾では欠かすことのできないあのモードを。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

キラバト

Author:キラバト
奈良に生息する生命体。
なんでも手を出す雑食性。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。