スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続・エスパディア

P1020133.jpg
 素体デザインが意外と性的なエスパディア・・・じゃなくて。
 エスパディアは個人的にツンキャラではなく不思議キャラなんですよね!(キイテナイ

 以下、顔をイジってみました。
 髪の毛外した写真もあるので、イヤな人はスルーしてね。

 続きは以下から。

 ちなみに前回はティグリース。

P1010965.jpg
 
 その時の子は、今こんな感じ。


 さて。やってきました第9弾。いろいろと思うところもあるのですが、前の記事のように想像以上に、文句ナッシングで素晴らしい~♪ ぐっときますね。みんなが惹かれるのも無理はないですねー。

 んで。
 どうしても小顔系故に膨らんでしまっている顔。
 そして長く感じてしまう首。
 てトコを、簡単にイジってみます。

 使用するのはデザインナイフ、スポンジヤスリ、2.5mmピンバイス、Vカラシ、シャーペン(ぇ
 いじょ。

P1020119.jpg

 出来上がったのがコチラ。顔のラインをすっきりさせました。
 首ジョイントは短くして、首受け側もちょいと手を加えています。
 しかしまぁ、この髪の毛…武装髪がメインになって金型流用の為に凹んでます。あとパーティングライン。
 ショボーン。修正するかー・・・両方作ってくらはい。

P1020124.jpg

 武装形態のヘッド。このツンツンが良いですねー(ぇ 顎を上げても顔が膨らんでいないのでスッキリしてます。


P1020128.jpg

 手を入れた頭部。小顔に戻し、顎のラインを出すのが中心です。
 髪の毛で損してますが、ご覧のように実はかなりの美形であるエスパディアさん。つくづくコンマイは美人さんであればあるほどに髪を…(ぎりぎりぎり

 では手を入れたポイント。
・首ボールジョイントをカット
・首パーツを両側から僅かにカットして短く。2.5mmピンバイスで貫通。平時は胴体側のジョイントを奥まで押し込みます。引き出し式ジョイントになるわけです。
・顎のライン修正
・ティグリースと同じく、襟足にかけて、一直線の首を整形。

 こんな感じです。
 美形さんであればあるほどに何故か発生するコンマイクオリティ。ウボァ。

 しかし接着剤のはみ出しとか、合いの悪さ、白化、砲身の歪みなど。
 第8弾で泣かされた部分は見当たらないですね。このクオリティを維持してほしいと思います。では!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

美しい……

キラバトさんちのエスパディアさん、
すごい美人さんです。素晴らしい!
一番上の写真ではアイペイントをリペ
していらっしゃるんでしょうか?
うちのエスパディアさんも頬のあたりを
直そうと思っているので、頑張ります!
プロフィール

キラバト

Author:キラバト
奈良に生息する生命体。
なんでも手を出す雑食性。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。